本文へ移動

薬剤部

外来調剤

医師の指示(処方箋)に基づいて外来患者さまのお薬と、透析患者さまのお薬の調剤を行っています。院外処方・院内処方ともにオーダリングシステムにより、用法・用量、投与禁忌、重複投与、相互作用の有無などのチェックを行い、疑義照会により、安心してお薬を服用していただけるよう努めています。
患者さまに「お薬の説明書」「お薬手帳専用シール」をお渡しし、他院受診時にも服薬情報が把握していただけるようにしています。
オーダリングシステム
お薬手帳

入院調剤

入院患者さまのお薬は、患者さまの安全性、看護師の利便性において1回に飲む薬をひとまとめとする一包化調剤を行っております。
患者さまの氏名、用法、日付を印字することにより、誤服用、誤配薬の防止、コンプライアンスの向上に努めています。
入院調剤
一包化

薬剤管理指導

医師、看護師と共に入院患者さまへの質の高い薬物療法が行えるように努めています。入院時の持参薬、アレルギー歴、副作用歴、服薬状況等を確認、入院中に服用・使用している薬についての注意事項、効果、副作用について説明をし、安心して治療を受けていただけるようにし、退院後にも引き続きより良い服薬に向けての指導に努めています。
薬剤管理指導
薬剤管理指導

DI(医薬品情報)業務

医薬品情報管理室
医薬品を安全・適正に使用する為に、医薬品安全性情報等の採用薬の情報収集を行い、薬局報・DIニュースを作成し、職員に情報提供を行っています。

医薬品管理

医薬品管理
各部署での配置薬の在庫管理、使用期限等の品質管理を行い、適切に保管・管理が出来ているかを随時確認、管理しています。
より良い薬物治療を行う為に、薬の有効性・安全性の評価に基づき、常時、院内会議にて新規採用、削除等の検討を行い、院内採用薬の管理を行っています。
医療法人社団 豊正会
大垣中央病院
〒503-0025
岐阜県大垣市見取町4丁目2番地
TEL:0584-73-0377
FAX:0584-73-8380

内科、外科、整形外科、リハビリテーション科、消化器内科、消化器外科、循環器内科、泌尿器科、肛門外科、糖尿病内科、腎臓内科、リウマチ科

0
9
6
2
9
5
TOPへ戻る