本文へ移動

地域包括ケア病床

地域包括ケア病床のご案内

地域包括ケア病床とは?

 一般病床での治療が終了し、症状が安定した患者さまに対して、リハビリや退院支援等を効率的に行う病床を言います。
国から許可を受けた「在宅復帰支援のための病床」です。入院期間は、最大で60日間入院が可能ですが、それ以降は退院が原則となります。

入院・転棟(移動)の対象となる患者さまは?

 
①入院治療により症状は安定したが、在宅に戻るにはもう少し経過観察が必要な方。
⓶入院治療により症状が安定し、在宅復帰に向けてリハビリテーションが必要な方。
③自宅または施設での療養生活に準備が必要な方。
④短期入院(手術)・検査入院となる方。
⑤その他主治医が必要と認めた方。

☆1 入院中の患者さまで、上記に当てはまる方には「地域包括ケア病床」を提案さ
  せていただきます。部屋を移動して継続入院となります。入院中に病室が移動に
  なることによって環境が変わることは大変と存じますが、ご理解とご協力の程よ
  ろしくお願いいたします。
☆2 地域包括ケア病床へ移動後、病状に変化があり検査・治療が必要と判断される
  場合は、一般病床へお戻りいただく場合もあります。  

地域包括ケア病床に入院・転棟(移動)

「在宅復帰支援計画」に基づいて、主治医・看護師・リハビリスタッフ・薬剤師・管理栄養士・医療ソーシャルワーカー等が協力して、在宅復帰の支援を行っていきます。必要時、外部の関係者(介護担当者など)とも連携を図っています。

入院費について

入院費の計算方法は「地域包括ケア管理料」を算定いたします。高額療養制度が適応になりますので、月の医療費の自己負担上限は、転棟後も変わりありません。
食事負担額、保険外費用(差額ベッドなど)は、別途負担いただきます。
 

ご相談・お問い合せ

内容についてのご質問は、病棟看護師または医療ソーシャルワーカーまでお尋ねください。
 
 
医療法人社団 豊正会
大垣中央病院
〒503-0025
岐阜県大垣市見取町4丁目2番地
TEL:0584-73-0377
FAX:0584-73-8380

内科、外科、整形外科、リハビリテーション科、消化器内科、消化器外科、循環器内科、泌尿器科、肛門外科、糖尿病内科、腎臓内科、リウマチ科

5
0
3
2
2
5
TOPへ戻る